クサイダー速報

違うネタバレ専用サイトに移転しました どこかは言えない

花子とアン 第11話の感想 (ネタバレ含む)

オススメ記事

花子とアンの11話の感想です。 まだご視聴なさっていない方は、続きを読まない事をおすすめします。 

花子とアンの11話

 やっぱり花が出した手紙はスコット先生の恋文だった!!

スコット先生の恋文を

名前だけ書き換えて、

そっくり書き写した手紙が、

うまい具合に、ブラックバーン校長を

お慕いする手紙になって、

とりあえず良かった....のかな??

 

本当に自分で書いたのか?と、

疑われたはなは、

スコット先生が歌っていた英語の歌を、

歌ったけれど、それが素晴らしい!!

 

はなは英語を聞き取る能力が

素晴らしく優れていたようです。

 

そうでないと、

耳で聞いた外国語の歌は、

それらしく歌えたとしても、

嘘ばっかりの発音になったりするものです。

 

はなの歌を聞いた先生たちの中には、

それは、スコット先生が歌っていた歌だと

気づいた人もいると思うけど、

そのことについては、何も触れなかった。

 

もし嫌味な先生がいたら…

 

「はなさん、

その歌はどこで覚えたのですか?

スコット先生に習ったのですか?」

....となってまたそれは大変だった可能性があります。

 

ところで、

スコット先生はショックだったと思います。

 

はなに部屋を掃除させたことを、

とっても後悔したと思いますね。

 

やっぱり手紙を捨てるときは、

読めないようにハサミで切るなりして、

捨てないとね…。てことじゃなくて…。

 

はなはスコット先生に謝ったけれど、

話している内容を、

スコット先生は理解できない?

 

日本語が分からないのに、

恋人と離ればなれになって、

日本の女学校で先生をしているとしたら、

かなりつらいよね。

 

しかも、恋文をあんなふうに、

皆の前で読まれてしまって…。

でも、彼氏の名前まで、

丸写しにされなくて良かった(^_^;A

"花子とアンのネタバレ・感想関連をもっと読むにはここをクリック

 

花子とアン 第12話の感想 (ネタバレ含む) - クサイダー的日常花子とアン 第13話の感想 (ネタバレ含む) - クサイダー的日常

花子とアンの12話の感想です。ネタバレ要素を含むのでまだ見ていない方は回覧注意です..

 

↓↓↓↓↓クリックしていただけると励みになります。↓↓↓↓↓

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへにほんブログ村 漫画ブログへ