クサイダー速報

違うネタバレ専用サイトに移転しました どこかは言えない

花子とアン 第12話の感想 (ネタバレ含む)

オススメ記事

花子とアンの12話の感想です。ネタバレ要素を含むのでまだ見ていない方は回覧注意です。

花子とアンの12話のネタバレ

前回の話のまとめ

花子とアン 第11話の感想 (ネタバレ含む) - クサイダー的日常花子とアン 第11話の感想 (ネタバレ含む) - クサイダー的日常

花子とアンの11話の感想です。ネタバレ要素を含むのでまだ見ていない方は回覧注意です

 

単純な疑問なのですが、

ブラックバーン校長は、

はなや吉平が話している内容を

知りたくないのでしょうか?

もし知る事が出来たら結果は違ってたかもしれません。

 

退学にならずに済んだはなは、

一生懸命英語を勉強したけれど、

どうやってマスターした!?

究極の英語勉強法を教えて下さい!!

 

まさか英語の授業は、分からない英文も、

声に出して読んで丸暗記?

 

そういえばはなは分厚い英語の本を

ずっと眺めて歩いていた。

 

でも、英語の本を眺めるだけでは、

英語はマスターできない....ですよね?

 はなはジーニアスなのかもしれません。

 

本を眺めて歩いているはなに、

先生が声をかけた様子もなかった。

 

辞書を頼りに英語をマスターしたのでしょう。

 

ともかく、15歳になったはなは、

英語で口答えできるほどに成長していた。

 

相変わらず、

ブラックバーン校長は厳しそうです。。

"Go to Bed!!!" lol

 

スコット先生は、その後どうしたのかな?

はなが丸写しした恋文は、

下書きのままだったのでしょうか?

 

ブラックバーン校長なら、

ゴミ箱に恋文を

無造作に捨てたことを、

スコット先生に

厳重注意したかもしれないですね...

 

とにかく一件落着な一回でした。

花子とアンの13話が楽しみです。

"花子とアンのネタバレ・感想関連をもっと読むにはここをクリック

花子とアン 第13話の感想 (ネタバレ含む) - クサイダー的日常花子とアン 第13話の感想 (ネタバレ含む) - クサイダー的日常

花子とアンの13話の感想です。ネタバレ要素を含むのでまだ見ていない方は回覧注意です。今週のタイトル『初恋パルピテーション』内容明治41年、女学校編入から5年経っ...

 

↓↓↓↓↓クリックしていただけると励みになります。↓↓↓↓↓

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへにほんブログ村 漫画ブログへ