クサイダー速報

違うネタバレ専用サイトに移転しました どこかは言えない

花子とアン 第13話の感想 (ネタバレ含む)

オススメ記事

花子とアンの13話の感想です。ネタバレ要素を含むのでまだ見ていない方は回覧注意です。

花子とアン 第13話

 

前回の話のまとめ

花子とアン 第12話の感想 (ネタバレ含む) - クサイダー的日常花子とアン 第12話の感想 (ネタバレ含む) - クサイダー的日常

花子とアンの12話の感想です。ネタバレ要素を含むのでまだ見ていない方は回覧注意です..

 今週のタイトル『初恋パルピテーション』

 

内容

明治41年、女学校編入から5年経ったはな(吉高由里子

あれだけ苦手だった英語が、無くてはならない存在になっていた。

英語の本を読みふける毎日を送っていた。

 

ある日、辞書で“ときめき”という言葉を知るはな。

醍醐(高梨臨)から尋ねられ、

辞書を引き新しい言葉を知るときと答え、皆を呆れさせる。

 

 

とりあえず、成長させて、俳優を入れ替えたので、その披露。

 

と。。。現在の状況説明ですね。

 

 

まあ、まだ登場していない人物が居るので、

 

数日は、同じようなことをやるのでしょう。

 

 

とはいえ。

 

あえて《前作》(名前は出しませんが)と比べておきます。

 

《前作》の状況説明ばかりに比べれば、

 

丁寧に、ドラマも紡がれているし、悪くは無いと思います。

 

無駄な時間を過ごしている印象もありませんしね

 

 

“時間経過”を使うなら、こういう描き方をしなきゃ!

早くも"花子とアンの第14話"が楽しみになってきました。

花子とアン 第14話の感想 (ネタバレ含む) - クサイダー的日常花子とアン 第14話の感想 (ネタバレ含む) - クサイダー的日常

花子とアンの14話の感想です。ネタバレ要素を含むのでまだ見ていない方は回覧注意です.

 

"花子とアンのネタバレ・感想関連をもっと読むにはここをクリック

 

↓↓↓↓↓クリックしていただけると励みになります。↓↓↓↓↓

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへにほんブログ村 漫画ブログへ