読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クサイダー速報

違うネタバレ専用サイトに移転しました どこかは言えない

ナルト ネタバレ 680話 「カグヤの目的...!!」 予想

オススメ記事

ナルトの680話の予想ネタバレです。 いつも通りネタバレ注意です。 以下ネタバレ注意。
 

 ナルト ネタバレ 680話 「カグヤの目的...!!」

Naruto 680 Spoiler ~Kaguya's Purpose...!!~

ナルトのネタバレの680話

 

前話のあらすじ

ナルト 679話 確定ネタバレ+感想 「始まりの女性...!!」 - クサイダー速報ナルト 679話 確定ネタバレ+感想 「始まりの女性...!!」 - クサイダー速報

ナルトの679話の確定ネタバレです。画像(画バレ)はいつも通りなしです。 また、全文ネタバレではなくあらすじだけですが、ご了承ください。 少年ジャンプを買ってい...

溶岩の海に落ちていく一同

煽り文 「圧倒的な力...!!」

サスケ (オレ一人だけなら転送できるが…それでは….)

 

ナルトをちらっと見るサスケ

 

ナルト 「うわぁぁ」

 

地面を見るサスケ

 

サスケ (仕方がない...)

 

ギンッ

 

バッシャーン!

 

地面の溶岩が吹っ飛ばされる

 

どうやら溶岩を一部転送した模様

 

何とか無事に地面に着地する第七班

 

カカシ 「土遁・土流壁!!」

 

皆の四方にに土遁の壁を作るカカシ

 

溶岩は一応ブロックされる

 

ナルト 「ナイスだってばよ! カカシ先生! あとサスケ!」

 

サスケ 「…」

 

カカシ 「強すぎる...あのカグヤという奴…」

 

サクラ 「何か方法はないの? ナルトに、サスケくん?」

 

ナルト 「わからねぇ….印も結んでないのにオレたちを殺しかけたんだ」

 

カグヤ 「生き延びたか…思った通りだ」

 

ナルト 「風遁・螺旋手裏剣!!」

 

風遁・螺旋手裏剣をカグヤに投げるナルト

 

目を閉じ、いきなり眼を開けるカグヤ

 

ギンッ

 

キャンセルされる螺旋手裏剣

 

カグヤ 「"ここ"で戦うのはやめようと言ったはずだ、そんなに死にたいか?」

 

ナルト 「お前が最初に攻撃してきたんだ!!」

 

カグヤ 「何を言っている…その黒髪の少年が私を攻撃してきたのだ。 確か...マダラのガキを乗っ取っているときだったか?」

 

サスケ 「”戦いをやめる”とはどういうことだ?」

 

カグヤ 「いい質問だ。 ここでお前達と契約がしたい」

 

ナルト 「何を言ってるんだってばよ!!! お前はオレらの友達を自分の兵隊に…..」

 

サスケ 「ナルト!!」
    「とにかく話を聞け!」

 

カグヤ 「もう一度邪魔をしたら殺す」

 

サスケ (つまり俺たちを簡単に殺せるということか…)

 

カグヤ 「兵隊にはそれらを指揮するリーダーが必須だ」

           「そしてリーダーには二人の強力なサポーターが必要になってくる」

 

ナルト/サスケ 「!?」

 

カグヤ 「どうやら私と"お前たち”には何か強い繋がりがあるようだ」

 

サスケ 「...見返りはなんだ?」

 

ナルト 「…」

 

カグヤ 「簡単だ。 お前たちが私に協力するつもりなら、囚われている友を三人だけ生かしてやる」

            「誰を生かすかよく考えるんだ」

 

サスケ 「お前は誰と戦うんだ? どうやらお前はオレたちを簡単に殺せるみたいだが….なぜオレとナルトが必要なんだ?」

 

カグヤ 「時間を無駄にしたくはない」
            「お前の答えを聞いてから質問に答えてやる」

 

サスケ 「...」


激怒するナルト

 

ナルト 「お前は何様なんだってばよ!!」
           「生かすか殺すか選ぶなんて許せねぇ!!!」
           「オレはお前を絶対に許さないってばよ!!」

ズズズ

 

アシュラが纏っていたようなチャクラの鎧がナルトの周りに現れる

 

サスケ 「お前と意見が合うとはな…ナルト…」
           「サクラ、カカシ、少し下がっててくれ」

 

眼を閉じるサスケ

 

再び眼を開けると神のようなスサノオが現れる

 

翼が生え、四本の腕を持っているスサノオ

 

カグヤ 「死を選んだことを後悔するんだな!!」
           「なら"彼"は私一人で倒さねばならぬということか….」

 

パンッ

 

両手を合わせるカグヤで終わり

 

煽り文 「力と力がぶつかる...!!」

 

次週→ナルト&サスケVSカグヤ!! しかし....

 

カグヤについて個人的な考察

 

個人的な考察ですが、カグヤは実はいい奴なのではないかと...

 

手段は少々荒いですが、真の敵を見据えて兵隊を準備していたのだと思います。

 

神樹の実を食べて力を得たのもこれからやってくる新たな敵に備えるためだと考えれば納得できます。

 

実際のところどうなのでしょうね....^^;

 

 

Comment Box is loading comments...

お読み頂きありがとうございます(^^)

クサイダー(@Netabare4You)や本ブログの自己紹介はこちら

シェア/コメント/言及して頂けると喜びます。

 

おすすめ記事を読み込み中...