読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クサイダー速報

違うネタバレ専用サイトに移転しました どこかは言えない

ナルト 680話 確定ネタバレ+感想 「もう一度...!!」

オススメ記事

ナルトの680話の確定ネタバレです。画像(画バレ)はいつも通りなしです。 また、全文ネタバレではなくあらすじだけですが、ご了承ください。 少年ジャンプを買っていない人はマジでネタバレ注意です!!

 

ナルト 680話 確定ネタバレ+感想 「始まりの女性...!!」

Naruto 680 Spoiler ~Once Again...!!~

ナルト 680話 確定ネタバレ+感想

 

前話のあらすじ

ナルト 679話 確定ネタバレ+感想 「始まりの女性...!!」 - クサイダー速報ナルト 679話 確定ネタバレ+感想 「始まりの女性...!!」 - クサイダー速報

ナルトの679話の確定ネタバレです。画像(画バレ)はいつも通りなしです。 また、全文ネタバレではなくあらすじだけですが、ご了承ください。 少年ジャンプを買ってい...

落下するオビト。


カカシ(この下の溶岩は幻術…?)
   (いや、この感じは…絶対に違う!)

 

サスケは鷹を口寄せ。

 

ナルト「サスケあっちだ!」

 

ちらっと見るけど無視してナルトを掴むサスケ。

 

ナルト「何してんだってばよ! 俺じゃねぇ!」

 

カカシ「...なんとか....か....

サクラを掴み、ロープにぶら下がるカカシ。その先端は天井に刺さったクナイに巻きつけられている。

 

一方オビトは掌にクナイ突き立てたれ、岩壁になんとかぶら下がっている。

 

ナルト「どうなってんだってばよ…!?」

 

サスケ「ロープ替わりに、クナイに巻物を結んでるんだ」
   「オビトもクナイのおかげでかろうじて助かったようだな」

 

カカシ(すまない…オビト…)

 

どうやら全てカカシの仕業らしい。

 

そのときサクラの額当てが落ち、マグマの中でジュウッと溶けていく

 

カカシ「やはり幻術ではなかったか…」
   (まさかこんな…)

 

ナルト「カカシ先生のとこに行くってばよ!」


サスケ「前を見てろナルト。
    いいか、はっきり言うがおれたちのうち一人でも死ねばこの世界は終わる。
    お前の六道の陽のチャクラとオレの陰のチャクラ…それだけが目の前の"モノ"を封印できるんだ」
   「それができなければ全てが終わりだ」
   「なにがあってもオレたちだけは死ぬわけにはいかないんだ」
   「無限月読がこの場所を覆い、あの二人が巻き込まれてもだ」

 

ナルト「…分かったってばよ」

 

がっかり顔のサクラ

 

ナルト「お前の言いたいことは分かるけど、身体が勝手に動いちまうってばよ…あの橋のときみたいによ」


ーな、なんでおれなんかのためにー
ー知るかよ…体が勝手に動いてたんだよ、ウスラトンカチ…ー

 

過去の話を思い出すサスケ


ナルト「分かんだろ、サスケ」

サスケ「………」

 

またしても何も言わないサスケ。これはただのツンデレなのかそれとも…



サクラ(サスケ君…でもありがとう…ナルト)

 

思わず涙するサクラ。

 

そのとき、ロープが溶岩の熱で燃え始める。

カカシ「!!」

 

ナルトは九尾の腕を伸ばす。

 

だがカグヤは自来也の毛針千本みたいな攻撃を繰り出す。

 

須佐能乎でガードするサスケだが、鷹のに数本刺さった模様。

 

サスケ(白眼…! くそっ点穴を突きやがった…!)

 

鷹が落ち始める。

 

サスケ(須佐能乎を出さなければ…!)

 

だがサスケの腕にも千本が刺さっていて、ピクピクして動かない。

 

点穴突かれてるサスケ、あっさり落ちていく

 

そのころ歴代火影ゾンビ達は...

 

柱間(動けるようになった…ってことはまさか…)

 

扉間(この巨大なチャクラの発生元に向かえば、何が起こってるか分かるはずだ…!)

 

ヒルゼン(だが…マダラのチャクラが突然消えた…?)

 

ミナトのマントについていた求道玉が消えて行く。

 

ミナト「消えた…誰かマダラを倒したのか? うぐっ…」

 

なんとか動こうとするミナト

 

ミナト(もう一度…ナルトの所に戻らないと…)

 

場面戻る。

 

九尾の腕でみんなを掴み、空中に浮いているナルト。

 

カカシ「ナルトお前…浮いている…のか?」

 

カカシ(そういえば、マダラも六道の力を手に入れた途端浮いてたな…)

 

ナルトは影分身にカカシ先生とサクラを託す。

 

カグヤはそんなナルトにハゴロモの姿を重ねる。

 

カグヤ「全てのチャクラは…ワラワのものぞ!!」

   「もう一度一つにしてくれよう!!」

 

叫びながらカグヤが繰り出したのは左腕だけの八卦空掌

攻撃の衝撃で岩壁に穴があく。


火山のそばにちらっとお城?が見える。外はお昼っぽいので別世界?

 

左ストレートを連発するカグヤとそれを陰陽遁の盾?で防ぐナルト。だがナルトが押し負ける。

 

ナルト(今だってばよサスケ!)

 

カグヤの頭上に迫るサスケ。

 

須佐能乎の刀がカグヤを襲う!!

 

というところで終わり

 

 

なんかサスケがあっさり避けられそうだと思うんだけど....

 

 

Comment Box is loading comments...

お読み頂きありがとうございます(^^)

クサイダー(@Netabare4You)や本ブログの自己紹介はこちら

シェア/コメント/言及して頂けると喜びます。

 

おすすめ記事を読み込み中...