クサイダー速報

違うネタバレ専用サイトに移転しました どこかは言えない

ナルト ネタバレ 682話 「封印術の秘密...!!」 予想

オススメ記事

ナルトの682話の予想ネタバレです。 今回は黒ゼツがあの方であると予想してみました。 正直あり得ないと思いますが....黒ゼツの目が白いのはそのせいかと....(手抜きなのを誤魔化してます....ww)

以下ネタバレ注意!

 

ナルト ネタバレ 682話 「封印術の秘密...!!」 予想

Naruto Spoiler 682 ~Secret of Sealing Jutsu...!!~

ナルト ネタバレ 682話 「封印術の秘密...!!」 予想

 

確定ネタバレはこちら!!

ナルト 682話 確定ネタバレ+感想 「こんなの見たことねーだろ...!!」 - クサイダー速報ナルト 682話 確定ネタバレ+感想 「こんなの見たことねーだろ...!!」 - クサイダー速報

ナルトの682話の確定ネタバレです!! いつも通りネタバレ注意、画バレはなしです。 また、全文ネタバレではなく、あらすじだけですのでご了承ください。 詳しくは少...

最後の希望....!!

 
黒ゼツ 「封印術か.... ならなぜマダラに使わなかった?」
 
サスケ 「使う予定だった…カグヤがマダラの体を乗っ取るまではな,,,」
 
黒ゼツ 「お前の作戦には少し欠陥があるようだな。 そんな事が母に….」
 
ナルト 「とにかくお前はここで止めるってばよ!!」
 
指をさすナルト
 
黒ゼツ 「無駄だ…なぜならここは…」
 
そこで言葉を止める黒ゼツ
 
サスケ 「行くぞナルト!」
 
ナルト 「おう!!」
 
飛び出す二人
 
その頃あまり役に立っていない人々は…
 
分身ナルト 「大丈夫か?」
 
カカシ 「なんとかな」
 
分身ナルト 「さっき見えた城にに向かうってばよ」
      「ここがどこかわかるかもしれねぇ」
 
カカシ 「わかった」
 
サクラ 「わかったわ」
 
火山の火口から飛び出ていく分身ナルト達
 
カグヤVSナルト&サスケ!!
 
カグヤはナルト達の攻撃をすべて避けている
 
サスケ 「予知能力も持っているのか!?」
 
黒ゼツ 「ククク、お前らが遅すぎるだけだ!」
 
次の攻撃を準備するナルトとサスケだが、黒ゼツが彼らの口に巻きつく
 
黒ゼツ 「母と一つになるのだ!」
 
ナルト 「サスケ…..分身を….」
 
サスケ 「わかってる」
 
眼を見開くサスケ
 
サスケが輪廻眼の能力でナルトと分身の位置を入れ替える
 
自身は瞬身で逃げる
 
黒ゼツをマグマに叩き落とすナルトの分身
 
スッ
 
手をサスケに向けて構えるカグヤ
 
今度はナルトとサスケの位置が入れ替わり、ナルトがカグヤの腕をチャクラの腕で受け止める
 
両手に螺旋丸を構え、カグヤに飛んでいくナルトの分身
 
分身ナルト 「仙法・磁遁螺旋丸!!」
 
カグヤ (封印術を帯びているな…)
 
黒い空間に入ろうとするカグヤ
 
ナルト 「サスケ!!」
 
サスケ 「ハァ、ハァ、わかってる」
 
眼の使いすぎで疲れているサスケ
 
スサノオを発動し、矢を構える
 
サスケ 「ウォォォォ」
 
矢を最大まで引き、放つ!!
 
カグヤが黒い空間に消える瞬間、矢が小さい切れ込みを入り口に作る
 
ナルトの後ろに現れるカグヤだが….
 
グサッ
 
カグヤ 「!!」
 
カグヤに刺さるスサノオの矢!!
 
ズズズ
 
仙法・磁遁螺旋丸を当てるナルト
 
サスケの放った矢はギリギリ黒い空間に入り込み、カグヤに追いついた模様
 
分身ナルトその2 「カカシ先生!! 中に隠れててくれってばよ!!」
 
カカシ 「サクラ、行くぞ!」
 
サクラ 「でも…」
 
カカシ 「今の俺たちには何もできないんだ」
 
サクラ 「….」
 
カカシ 「とにかく城の中を見てみるぞ!」
 
その頃サスケは…
 
ナルト 「始めてくれってばよ!」
 
サスケ 「地爆天星!!」
 
黒い玉を空へ放つサスケ
 
溶岩や、その他のものが色々空中に上がっていく
 
カグヤも一緒に…..
 
その頃カカシ&サクラはとある書物を見つけ、読んでいた
 
読むにつれ、表情が凍るカカシ
 
カカシ 「サクラ!! 今すぐナルトとサスケの方へ向かうんだ!!」
 
サクラ 「どうしたの? カカシ先生?」
 
カカシ 「カグヤは女神なんかじゃない!! そもそも住んでいる世界が違う!」
 
サクラ 「?! どういうこと!?」
 
カカシ 「奴は…..奴は….」
 
壁に亀裂が入り始める
 
サクラ 「カカシ先生!! 早くどこかへ隠れないと!」
 
何かを見つけるカカシ
 
カカシ 「これは…!! つまりこの惑星は….」
    「早く地球に戻るぞ!」
 
サクラ 「?? どういうこと?」
 
カカシ 「つまりここがカグヤの故郷ということだ! カグヤの故郷は壊され、神樹を見つける為に地球へと向かったわけだ」
「早くナルトとサスケに伝えるぞ!」
 
その頃….
 
ナルト 「グッ」
 
サスケ 「もう少しだ! 耐えろ!」
 
??? 「ククク、バカが」
 
ナルト&サスケ 「?!」
 
黒ゼツがマグマから上がってくる
 
黒ゼツ 「お前らは…この術を知らぬようだな!」
           「この術をハゴロモが使った時に気付いたのだが、実は生贄が一人必要になるのだ!」
 
ナルト&サスケ 「!?」
 
黒ゼツ 「それがこのオレだ! オレの本当の名はハムラだ!」
           「母と共に封印されたが、かろうじて抜け出すことができたのだ」
           「抜け出す前、オレは母の真の目的を知った」
    「そしてオレはその目的のために母に協力することにしたのだ」
 
ナルト 「何だってばよ?」
 
黒ゼツ 「この星を....奴らから守るため!!」
 

第三の敵!?

追記:

ナルトちゃんねる様の予想記事も面白いです!! コメント欄に参加するのもいいと思い、参加することにしました。

ナルトちゃんねる様の予想記事はこちら!!

ナルト682話「動き出す者たち」ネタバレ 予想: ナルトちゃんねる

 

Comment Box is loading comments...

お読み頂きありがとうございます(^^)

クサイダー(@Netabare4You)や本ブログの自己紹介はこちら

シェア/コメント/言及して頂けると喜びます。

 

おすすめ記事を読み込み中...