クサイダー速報

違うネタバレ専用サイトに移転しました どこかは言えない

ナルト 682話 確定ネタバレ+感想 「こんなの見たことねーだろ...!!」

オススメ記事

ナルトの682話の確定ネタバレです!! いつも通りネタバレ注意、画バレはなしです。 また、全文ネタバレではなく、あらすじだけですのでご了承ください。 詳しくは少年ジャンプをきちんと買って読みましょう

 

以下ネタバレ注意

 

ナルト 682話 確定ネタバレ+感想 「こんなの見たことねーだろ...!!」

Naruto 682 Spoiler ~I'm sure you've never seen this...!!~

ナルトの682話のネタバレ

作戦会議をするナルトとサスケ

 

サスケ「あの術だと…?」

ナルト「ああ、よく聞いてくれサスケ」


黒ゼツ「何をする気かは知らんが、母は全ての術を吸収できる」
   「何をしようと無駄だ」


カカシ「どんな様子だ?」

 

サクラ「二人共様子見中です…」

 

カカシ「そうか…」

 

下に広がるマグマを見ているカカシ。

 

カカシ(幻術ではなく、異空間に引きずり込む力…)
   「術のケタが違うな…これじゃまるで…神だ」

 

サクラ「あんな奴にどうやって立ち向かう気なの、ナルト?」

 

ナルトは自信満々で答える。

 

ナルト「これで最後になるかもしれねーけど…やるだけやってみるってばよ」

 

そう言いながらナルトはオビトの胸に手を当てる。

 

ナルト「今までずっとそうやって来たんだし」

 

オビト「うっ…」

 

意識を取り戻すオビト

 

輪廻転生のルールはどこに.....


場面変わり、ナルトとサスケ。

 

サスケ「それ…本気で言ってんのか?」

 

ナルト「やってみねーと分からねーだろ」

 

一体何の話ですかねぇ

 

ナルト「螺旋丸以上にこっそり修行してたからな…やる価値はあるだろ!」

 

サスケ「それで突破口がこじ開けられるなら…やってみる価値はあるな。 オレの左眼も準備はできている」

   「いくぞ!」

 

ナルト「おう!」

 

なんと....ナルトが突破口を作るために使ったのは

 

お色気の術(笑)

 

裸の美少年たちが一気にカグヤを襲う。

 

ナルト(おいろけ系は強い奴ほどよく効く傾向にあるんだってばよ!)

 

サクラ(あのバカ~!! こんな状況で何て術出してんのよ!!)
   (私はともかく、あんな神みたいな奴にそんな術が効くかっての!!)


一瞬気を取られたのか、カグヤの顔面に見事パンチを放つナルト。

 

カグヤが吹っ飛ぶ。

 

サクラ(効いたーーっ!!)

 

ナルト(チャクラの祖だかなんだか知らねえけど、この術は知らねえだろ!!)
   「これが忍の歴史だってばよ!!」

 

カカシ(なんてこった…ナルトの変てこな術が世界を救うとは…見てますか自来也先生!)

 

自来也の発言を思い出すカカシ

 

―ナルトこそ予言の子だとワシは信じとる―
―ミナトと言うよりはワシに似とるけどな―


2人の掌がカグヤに届く直前、カグヤは巨大な氷で自分の周りの空間を凍らせてしまう。
2人も氷で固まってしまう。

 

お色気の術が世界を救うわけないだろ.....

 

氷を天照で溶かすサスケ

 

この二人をかなり警戒している黒ゼツ

 

黒ゼツ 「あの二人...引き離して殺ったほうがいいよ」

 

サスケの後ろから手を出し、異空間へ引き込むカグヤ

 

ここはどこだ? と嘆くサスケで終わり

 

 

 

Comment Box is loading comments...

お読み頂きありがとうございます(^^)

クサイダー(@Netabare4You)や本ブログの自己紹介はこちら

シェア/コメント/言及して頂けると喜びます。

 

おすすめ記事を読み込み中...