クサイダー速報

違うネタバレ専用サイトに移転しました どこかは言えない

ナルト ネタバレ 687話 予想 「灰骨の雨...!!」

オススメ記事

久しぶりにナルトのネタバレの予想を書いていきます。 今回はナルトの687話のネタバレ予想です。 では以下ネタバレ注意

 

ナルト ネタバレ 687話 予想 「灰骨の雨...!!」

Naruto Spoiler 687 ~Rain of Ash Bone~

ナルトのネタバレ

 

 

カカシ 「オビト!!」

 

呆然とした顔のカカシ

 

ヒビが入るオビトの体

 

骨が刺さった腹から万華鏡写輪眼まで

 

オビト 「さらばだ、カカシ」

    「やっと...リンに会える…」

 

ナルト 「くそっ、なんで…」

 

地面に拳を叩きつけるナルト

 

??? 「悲しんでいる場合じゃねぇぜ」

 

ナルト 「守鶴!!」

守鶴 「オレ様の話をよく聞け」
   「この強い重力のような力は磁力だ」
        「そして地面に敷き詰められている三角錐のようなものが動力源だ」
        「オレ様が力を貸してやる」

 

ナルト 「…つまり...どういうことだってばよ!?」

 

守鶴 「オレ様の磁遁を使えってことだ!!」 (我愛羅の言っていた通りの奴だ…)

 

ナルト 「なるほど…」

 

その時カグヤが新たな攻撃を仕掛けてくる

 

黒ゼツ 「もうこれで邪魔者はいない! 今がチャンスだ、母さん!」

 

骨を飛ばすカグヤ

 

しかしナルト達もバカではない

 

何かを地面に仕掛けるナルト

 

ナルト 「サスケ!」

 

サスケ 「…!! そういうことか!」

 

左眼を見開くサスケ

 

カグヤと自分たちの位置を入れ替える

 

(もちろんカカシ先生も一緒です)

 

カグヤ 「場所を入れ替えたところで何も…!?」

 

黒ゼツ 「これは…」

 

地面の封印式に気づく黒ゼツ

 

黒ゼツ (守鶴の封印式か…)

 

カグヤ 「動けぬ….」

 

サスケ 「今だ! ナルト!」

 

サスケの肩に手を置くナルト

 

そして守鶴の磁力の力で動けるようになる二人

 

二人はカグヤを封印すべくカグヤに近づくが….

 

カグヤの口元がニヤリとする

 

ナルト 「ん!?」

 

不意にナルトの目の前に巨大な灰骨が降ってくる

 

上を見上げるナルト

 

巨大な黒い空間から灰骨がたくさん降ってくる

サクラ 「えっ!?」

 

螺旋手裏剣を作り、投げるナルト

 

サスケはお得意の天照で骨を燃やしていく

 

灰骨はボロボロに崩れるが、次から次へと降ってくるのでキリがない

 

全員を求道玉でおおうナルト

 

そのころカグヤと黒ゼツの封印が解けてきていた

 

黒ゼツ 「封印は一定時間しか続かないらしいね」

 

黒い空間へと逃げるカグヤ

 

カグヤ 「"灰骨の雨”は標的を殺すまで降り続ける、これで終わりだ」

 

どうやら灰骨の雨は強すぎるらしく、求道玉の盾もボロボロになっていく

 

ナルト 「この黒い玉でもダメだってばよ!」

 

サクラ 「ナルト!! 上!!」

 

ナルト 「!!」

 

ナルトのすぐ近くまで灰骨が迫ってきていた

 

ナルトに骨が刺さりそうなその時….

 

全ての骨が消える

 

サスケ 「!?」

 

ナルト 「この術は….」

 

カカシ 「先生!!」

遠く離れた山のような場所の上にミナトが両手で飛雷神のクナイを構えて立っている

 

そして扉間の飛雷神で現れる火影達+六道仙人+うちはマダラ

 

煽り文 〜最強の援軍!!〜

 

 

 

Comment Box is loading comments...

お読み頂きありがとうございます(^^)

クサイダー(@Netabare4You)や本ブログの自己紹介はこちら

シェア/コメント/言及して頂けると喜びます。

この記事をシェアする

更新情報を配信中!!

 

おすすめ記事を読み込み中...